キラキラしあわせ写真館

つれづれ。

花火大会に行ってきました。
e0165434_13235313.jpg


e0165434_13225554.jpg


e0165434_1322114.jpg


e0165434_1321454.jpg


どの花火もとっても綺麗。
本物の花火はもっと美しくて、どうして撮れないのか・・・、と落ち込むけれど、
静かに華やかに撮れたのはよかったなあ、と思ってます。
本物は、音も歓声も、拍手もすごくて、川をわたって吹いてくる風も気持ちよくて、
本当に楽しかった。ちょっとしたアクシデント(みていたところになぜか水が流れてきたため
場所異動を余儀なくされた・・・)も
ありましたが、まあそれを上回る素敵な思い出になりました。
また来年もとろー!

そんな間にまた一つとしをとりました。
誕生日前の数日間は、
おなかにいたころの私は、もうすぐ外に出ることをわくわく思っていたんだろうなあ、と
なんとなく思い出してました。
きっと、両親は待ち焦がれていただろうし、たくさん話しかけてくれてたと思う。
知り合いの人が、母のおなか越しに私をきっと撫でてくれたりもしただろう。
それを、素敵な気持ちでゆられて聴いていたんだろうな、と思う。
それはもう想像で、確かめることはできないのだけれど。

まあそんなこんなで、夏真っ盛りで35度超えの毎日にびびりつつも、
いい風が吹いてきて、きづけば7時にはもうかなり日が暮れていて驚いて、
ああ、もう季節は確かに進んでるんだなあ、と思った。
さすが立秋(笑)。

雑誌など見てても、秋物の服が出始めたりしてるので、ほんと、秋が近いのね、と思った。
残暑は厳しいですが、皆様もご自愛くださいませ。



  
[PR]
# by applejyugonn | 2016-08-11 13:33 | ひとりごと

母へ。

e0165434_20532843.jpg


今日は、母の命日です。
あの夏も暑かった。
私は頑張って、元気にしているよ。

逢えなくてもそばにいてくれる気はすごくするけれど、
やっぱり声が聴きたいし、顔が見たいなあ、と思うときもある。
話が、したいよ。

自分が年齢を重ねるにつれて、鏡の向こうは年相応に老けていったり(笑)、
知っている人もそれなりに年齢を重ねて顔が変わっていくのに、
そういうのは、絶対にみられないんだなあ、とふと思う。

闘病していても、いつもにこにこしていた母。
車いすに乗っていても、ベッドに座っていても、
いつもお姫様のようだった(笑)。
無邪気で明るくて面白い話が大好きで、どんだけつぼに入って笑い転げたことか。
懐かしい。

もう、そっちでも、新入りとは言えなくなったけれど(笑)、きっと元気でやっているよね。
私も、いろーーーんなことがあるけれど、頑張ってる。
あなたたちに育ててもらったことを誇りに思って、しあわせに、いろんなことをのりきっていくから、
見ていてね。



  

[PR]
# by applejyugonn | 2016-08-03 21:07

友達。

e0165434_2112466.jpg


懐かしい友達と、おいしいものを食べようと探して歩き回る楽しい夢をみた。

そうしたら、そのころ仲良かった友人から仲良しみんなにメールが一斉送信されてきて、
みんなと久々にメールした。
当時はメールなんてなかったけど、毎日毎日学校であってた。

いつも夏ばてして、やせちゃってた友達は夏が近づいてまたごはん食べれなくなってないかな~。
学食のおぼんにのせてたちんまりとしたおかずが懐かしい(笑)。

ああなつかしい!
あのころは本当に大人ってことがなんにもわかってなくて、
本当にこどもで守られていて、しあわせだったなあと思う。
あの気分をもう一度だけ味わいたい(笑)。
大人じゃないのに大人になってた気分。
今がこうなることを知らなかった私には戻れないからこそとても懐かしくて愛しい。


そこそこ生きてくると、楽しかった思い出を誰かとわかちあって笑いたい日があるけれど、
なかなかうまく逢えなかったりして。

だからなんだか今日は嬉しかったなあ。
私には、あのころを語れる友達がいる。
懐かしいよね、って
授業前の真夏のプールの更衣室でした話で、今でも爆笑できる友達がいる。

仕事しかしてないような毎日に罪悪感?というか悶々とした日々を送っていたけれど、
なんかすがすがしい風が吹き抜けたよ。

また逢いましょう。
大切な友達たちに。愛をこめて。



 
[PR]
# by applejyugonn | 2016-07-24 21:09 | 日々の生活