キラキラしあわせ写真館

おもいで。

e0165434_2225853.jpg




私が小さい頃住んでいたアパートが、取り壊されていた。
もう行くことはないだろうと思っていたのに、
もうないかと思うと、取り壊されることを知っていたら、一度くらい行きたかったな、と思う。
頭の中では、
あのポストも、階段も、玄関も、洗面所も、窓から見える景色もすべて、思い出せるけれど、
本当にもう、世界中のどこにもなくなってしまった。

今の私よりまだ若かった父が「あれが新しく住むところだよ」と教えてくれたことも、
ベランダから手を振って、自転車通学する私を、母が見守ってくれたことも、
若い両親はまだまだ元気で、私もまだまだちっちゃな子供だった頃のことは、
もうどこにも形としてのこらない、本当のおもいでになってしまった。

こういうことをたくさんかさねていくことが、
大事なものを形は失っても、心に焼き付けていくことが、としをとることだな、と思う。

不在こそ絶対の存在感だと思う。

もっともっと歳を重ねたら、こういう懐かしい話をたくさんできると思っていたのに、
それはかなわぬこととなってしまったけれど。
でも、私の中にはまだあるから。

大事にかかえて、生きていきます。


e0165434_22302064.jpg



  


 
[PR]
by applejyugonn | 2015-04-17 22:24 | きもち